製品情報

アイアンをシンプルに考えた新コンセプトアイアン
※2020年2月下旬発売予定
⇒ 新型コロナウィルスの影響により納期遅延(未定)

新コンセプトアイアン

GXD 105P FORGED IRON

なぜアイアンの長さは半インチ(0.5インチ)ピッチ(間隔)なのか?
なぜ番手間のロフト角の変化は3度~5度など、一定では無いものが多いのか?
長さが長くなると難しくなる(ミート率が悪くなる)のであれば、振りやすい長さで扱えた方が良いのではないか?
そんな疑問や考えから生まれた新コンセプトアイアンです。
5度ピッチのロフト角で番手ごとの飛距離差をきちんと把握することで、コースマネージメントしやすくなり、スコアメイクにも直結します。

スペック

番手
#6
#7
#8
#9
PW
ロフト角(°)±
29
34
39
44
49
ライ角(°)±
63
63.25
63.5
63.75
64
FP値(mm)±
4
4.5
4.8
5.5
6
ヘッド重量(g±)
270
276
282
287
292
ウェイトビス重量(g)±
3g×3個
ホーゼル内径(mm)
9.3
素材・製法 S20C 鍛造一体成型
仕上げ:ニッケルクロムメッキ(サテン仕上げ)

#6~PW 5本セット 90,000円(税別)

特徴

【顔・形状】
◎すっきりと構えやすいストレートネックで、やや丸みのあるフォルム。大き過ぎないヘッドサイズはあらゆるライに対応できます。

【飛距離性能・弾道】
◎従来のアイアンはロフト角を3~5度でフローした設計のものが多いですが本製品は5度ピッチにすることで、飛距離の差を明確にします。
※番手ごとの飛距離差は約15ヤード(個人差がございます)
また、飛距離については長さよりもロフト角の影響が大きいと考え、よりミート率を高めるためにクラブ長さのピッチも短くすることを御提案します。
※1/4インチ(0.25インチ)ピッチを想定しています。

【フィーリング・調整機能】
◎軟鉄(S20C)鍛造一体成型なので、打球感は非常にマイルド。
バックフェースにあるウェイトビス(3か所)で重量調整可能。
軟鉄鍛造だからネック部でのロフト角、ライ角の曲げ調整も可能です。
※ウェイトビスでの重量調整やロフト角・ライ角の曲げ調整により、一般的なヘッドと同等に扱い、セッティングすることも可能です。

▲ PAGE TOP